人生の質が上がる、究極の自己実現への道!協会認定アンガーマネジメントファシリテーター、親勉インストラクター久下渚(くげなぎさ)のオフィシャルウェブサイト

pagetop

Menu

トップページ プロフィール サービス内容 メールマガジン お問い合わせ 特定商取引に関する記述 プライバシー オフィシャルブログ 人生の質を上げる為のメルマガ

アンガーマネジメントファシリテーター 久下渚(くげなぎさ)

ARCHIVE
自己実現

自己実現

07/252017

麻央さんの最期

自己実現

先日、
麻央さんがお亡くなりになりましたね

 

これほどまでに
ママ世代の心を揺さぶった女性の死は
そう無かったのではないでしょうか。

麻央さんは命に代えて
多くの若い方に、
考える機会を与えてくださったように
思います。

そして、命に代えてご主人である海老蔵さんに

「愛情ってね、こういうのだよ」

って教えられたんでしょうね。お役目が終わられたのでしょうね。

 

 

私は、若くして癌で亡くなられる方も
沢山見てきただけに、
彼女の芯の強さに心を打たれました

 

 

まだまだ生きたかったでしょう

 

本当は死にたくなんか無かったでしょう

 

もしかしたら家族の前では
そんな部分も見せていたのかもしれない。

否認、怒り、抑鬱、取引
そのプロセスを経ていたのかもしれない。

 

だけど
ブログに残された写真は笑顔ばかり。

 

闘病されている方に向けての
メッセージもあったように思う。

 

けれど
遺された2人の子供さんが大きくなって、いつか
麻央さんのブログを見た時に
辛く、悲しい思いにさせないような

母としての気持ちも込められている
そんな気もしました。

 

 

彼女のブログの発信からは

受容、覚悟はあったけど、
それは諦めたという事と同列ではなく

最期まで今、自分にできる事は何かを考え
独りよがりにならず、在りたい
という
想いが溢れていたように思う

 

 

あんなふうに
在宅で亡くなられる方は
本当に少数です。

 

けれど
病院でなくなることが当たり前ではないんです。

 

愛川欽也さんがお亡くなりになられた時
うつみ宮土理さんに対して
『何故病院で看なかったんですか?』
と、半ば非難めいた質問をしている記者がいたのを覚えています。

 

それが、
世の中では正しいと思われているんだな、
そういう価値観の人が多いのだな
と、私はその時感じました。

 

今は病院でなくなることが当たり前に
思われていますが
それは必ずしも正しいわけではありません

 

 

在宅で最期を迎えることが
当たり前だった時代もありました

 

人は最期を迎える場所も選べる権利はあるんです。

ただ、それが叶うか否かは

自分以外の周囲の人の
多大な協力と絆が不可欠です。

 

また、在宅死を受けられる医療サービスも、
地域格差はかなりあります。

 

 

それを思うと、麻央さんは
語弊があるかも知れないけれど
幸せだなと、、。

 

究極の自己実現を果たされたように思います。

 

 

麻央さんのご家族は
3年半に渡る看病で
心構えもできていたのでしょう。

お姉さんの麻耶さんもどこか風格すら
感じられました。

 

ご家族も、麻央さんの想いを理解し
全力で
できる事をしてきたんでしょう。
それができたご家族も、立派だと思うのです。

 

 

麻央さんの
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

07/252017

最期の時に責任が持てない理由

自己実現

【看護の本質は『関わり』である】

【ナースは病院を出よう】

【ナースが主体で、独立した存在で】

 

凛子先生の発信に心を打たれ、

すぐにNeoナースクイックマスター講座に申し込んだ。

 

先生のエネルギー溢れる講義の中で

新たな学びと、素晴らしい気付き

(長年求めていた疑問の答えがあったこと)

それだけでなく

今後のナースの

さらなる飛躍の予感と可能性を感じた。

12時間以上を先生と過ごしたが、

まだまだ足りないと感じる一日であった。

 

とても高尚な中身にて

一言でまとめることのできない

Neoナースの講座。

{CE9030D7-DFCA-417D-8A5A-D0F143ACF8D6}

関わりの基本である、コミュニケーションについて。

そんじょそこらのパフォーマンス重視のNLPではなく

他で味わうことのできない心理療法、コーチングも学べる。

病院で働くナースは雑務に追われながら

医師の補助や使命感に駆られ

見えなくなってしまっている事、

蓋をしている思いがあるのではないか。

 

私も病院を出て、だけれどナースとして

世の中を変えたい思いで

医療の違和感や、医療を受ける側の在り方について

思うところを発信している。

 

最期の時を決断した遺された家族の多くは

何故、罪の意識に似た

後悔や迷いを抱くのか。

何故決断に責任と覚悟と自信が持てないのか。

 

その答えは

自己実現にある。

 

しかしながら自己実現はなかなか簡単には

形成されるものではない。

 

自己実現は、人によれば、もしかしたら

叶わないものというか

アップデートされ続けるもの

であるかもしれない。

 

人間は

欲求が満たされ初めて幸せを感じる生物だ。

 

自己実現とは

様々な欲求が満たされ

他者承認から解放されるなどのプロセス

を経た上に成り立つ

高尚で究極のアイデンティティとも

言える人間の基本的欲求である。

 

 

最期の責任を負えない理由は、

各々

自己実現が形成されていないどころか

他者承認を求めているのだ。

 

残念ながら他者承認を求めているうちは

自分で自分の価値を見いだせていないため

自己実現は叶わない。

では後悔しない為に
一人一人が自己実現していく為には?
そこに私が考える
生き方死に方医療の適正化が
繋がるように思う。
このような
高尚なプロセスを経ないといけない
という事に
全国に発信するハードルの高さを
感じつつ、やり甲斐も感じている。

凛子先生の発信するブログはこちらから

 

おすすめカテゴリー

セミナー

キーワード検索

カテゴリー